トイレタンク故障修理 漏水の原因は・・・

水道局の検針で漏水しているので業者さん

に修理をしてもらってくださいと言われ

たので、弊社にご連絡いただきました。

漏水はいろいろな原因ありますが、

今回はトイレタンクの故障例のお話です。


タンク部品の漏水は通常ボールタップか

フロート弁が劣化して漏水するケースが

多いいので部品を交換して完了ですが

今回はタンクそのものが劣化しタンクを交換しないと治らないケースです。

 

 

タンクが結露しないように壁面に防露材が付いているのですが、経年劣化によりタンクと

防露材の間に水がしみ込んで大きく膨らんでいます。このように膨らんでしまうと中の

部品が圧迫されて、正常な働きを失う事になり漏水、又は水が流れっぱなしになってしまうようになります。

この様な状態の場合はタンク自体を交換しなければなりません。

今の最新型便器は超節水なので今まで使用していた水の量が機種によっては半分以下の

水の量で流せるのです!

長い目でみると便器交換した分は元が取れてしまいますよ。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。